医院紹介

tel_sp.png

基本情報

医院名 山代眼科医院
院長 山代浩人
所在地 〒730-0843 広島市中区舟入本町7-15
電話 082-231-5989

診療時間

 
9:00~12:30
15:00~18:00

※休診日:日曜・祝日

その日の診察の順番をお取りいただけます。
順番待ち受付時間
午前10:00~12:00 午後16:00~17:30
※初診の方はお電話下さい。

アクセス

電車 広電江波線 舟入本町電停より徒歩3分
バス 広電バス3番線 新観音橋東バス停徒歩2分
広電バス6番線 舟入本町バス停徒歩3分
駐車場 あり(8台)

診療内容

  • 眼疾患全般(白内障、緑内障、眼底疾患、屈折異常等)
  • 特に眼底疾患の早期発見、栄養生活指導、サプリメント、定期フォロー
  • オルソケラトロジー、マイオピン治療
  • 眼鏡・コンタクトレンズの処方
  • 痛み治療

連携病院

  • 広島記念病院
  • 広島赤十字・原爆病院
  • 県立広島病院
  • 中電病院
  • 広島市立広島市民病院
  • 広島市立舟入病院

院長あいさつ

院長 山代 浩人 医学博士

当院では、「優しく、そして常に相手の気持ちに立って」をモットーに、たとえ自分がどんなにつらくても常に患者さまを尊重して診療をしていこうと心がけています。また、「現状に満足した時点で成長が止まる」と固く信じていますので、患者さま目線でいろいろな問題点を掘り下げて、よりよい病院になれるよう努力してまいります。
 
また治療法の発展により多くの眼疾患の予後が改善していますが、眼底疾患を中心に、まだまだ治らないものや、また治っても大きな後遺症を残す病気も多く、これらの病気にならないようにする眼疾患の予防もこれからは大切になってきます。これには普段からの生活態度、食生活、サプリメント摂取等が重要です。山代眼科ではこういった面からのご助言もしております。
今後とも山代眼科を、どうぞよろしくお願い申しあげます。

また当院では、通院されている方や地域の皆様に、眼の疾患などについてより深く理解していただくための講習会を開催しています。私やスタッフが丁寧にお話ししていますので、ご興味のある方はぜひお問合せください。

経歴

昭和58年 東京慈恵会医科大学卒業、広島大学眼科入局
平成2年 広島大学医学部大学院卒業
平成3年 広島記念病院眼科医長
平成9年 山代眼科医院 副院長
平成26年 同 院長

 

資格など

  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 広島大学眼科同窓会 会長
  • 広島県眼科医会 顧問(前会長)
  • 労災保険 審査員
  • ひろしまドナーバンク 元役員
  • 日本眼科医会 会員(前代議員)
  • 日本眼科学会 会員
  • 日本近視学会 会員
  • 日本臨床眼科学会 会員
  • 日本抗加齢学会 会員

山代眼科では、患者さま向けに眼に関する講習会を定期的に行っております。

これまでの講習会記録

日時内容
H25.9.10 目の痛みを起こす疾患
H25.10.29 飛蚊症は案外怖い
H26.1.28 緑内障~絶対失明しないために
H26.3.11 まさに今がピーク、花粉症!!
そしてはやり目
H26.5.27 目薬のあんなことこんなこと教えます
H26.7.29 コンタクトレンズのあんなこと、
こんなこと教えます
H26.10.28 検証!!スーパーライザー治療
H27.1.28 目によい食べもの 前編
H27.3.31 目によい食べもの 後編
H27.6.30 目によい食べもの 追加番外編
H27.12.1 山代眼科のことをもっと知ろう
H28.4.26 診察の時よくある質問 VOL.1
H28.9.27 (仮称)眼底ドック
H29.7.4 ①今こそ要注意!熱中症
  ②近視を予防する
H29.10.24 ①認知症を予防する
  ②山代眼科で扱っているサプリ
H30.04.04. 臓器移植-角膜移植を中心に-

※これまでの講演内容は、院内TVで繰り返し放映しています。

山代眼科のこれまで

昭和36年 当地にて山代眼科医院 開業
初代院長 山代睦美
昭和47年 改築
平成8年 改築
平成9年 副院長 山代浩人 着任
白内障手術を中心とした診療
接遇やソフト面にも力を入れていく
平成24年 医院内リニューアル
平成25年 眼疾患予防、早期発見を重視し
栄養指導、痛み治療等にも注力していく
平成26年 前院長逝去
院長 山代浩人に

 

山代眼科通信医療ガイド-病院・クリニック-
TEL:082-231-5989